気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

飛行機でエコノミー座席を取る場合、ビジネスマンにおすすめの場所は?

   

0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_s

ビジネスマンが飛行機に乗るなら
ビジネスクラスが一般的ですが、中にはエコノミー席を使う人もいます。

ただし、エコノミー席といっても座る場所はいくつもあります。

前方、後方、通路側、窓側、真ん中など、
どこに座ったらいいか迷う人のために、

今回、ビジネスマンにオススメなエコノミー席をご紹介します。

スポンサードリンク

・ビジネスマン向けの通路側

まず、窓側の席と通路側の席でどちらかを選ばなければなりません。

この点は、ビジネスマンなら通路側の席をおすすめします。

「そんな、窓側のほうがゆっくり景色が楽しめていいじゃないか」と
思う人もいるかもしれませんが、それはあくまで一般客の話です。

ビジネスマンが飛行機を利用するのはあくまでも仕事ですから、
その目的に応じた席の選び方をしなければなりません。

そしてその目的に合わせて選ぶとすれば、

ビジネスマンは窓側より通路側を選んだほうがいいのです。

その理由は簡単、通路側のほうが素早い移動ができるからです。

トイレに行くときは、人の前をよけながら行く必要はありませんし、
着陸後も、さっと荷物をとって降りることができます。

この移動のしやすさはビジネスマンにとても重要だといえます。

なぜなら、
わずかな時間でも無駄にできないのがビジネスマンのスケジュールだからです。

できるだけ余分な時間を省略し効率的に行動してこそ、
よい仕事ができるというものです。

ですから、ビジネスマンがエコノミー席に乗るなら通路側の席画おすすめです。

スポンサードリンク

・前方と後方なら前方がいい

今度は、前方の席と後方の席で比較してみましょう。

こちらも、一般客を含めれば一概にどちらの席がいいという話にはなりませんが、
少なくともビジネスマン向けなら、前方の席がおすすめです。

一つは、前方は後方に比べてエンジン音が静かで快適に過ごせることです。

ただしこれは一般乗客についてもいえることで、
ビジネスマンだけにおすすめしたい理由ではありません。

ビジネスマンに前方の席をおすすめしたい理由は、
飛行機が着いてからすぐ降りられるからです。

通路側で前方ならさらに理想的なんですが、
そうでなくても前方に座れば早く降りられます。

飛行機から早く降りられるということは、
入国審査で並ぶときも人より待ち時間が短くなることを意味しており、
その分、ビジネスマンとしてのスケジュールに余裕を持たせることができます。

時間と戦いながら生きているビジネスマンにとっては、
スケジュールを乱されるのは叶わないことですから、

その点をケアできる前方の席は有効だといえます。

スポンサードリンク

 - 生活 ,