気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

畳にカビが生えた場合の掃除ってどのようにしたらよいのでしょう?

   

044387

畳にカビが生じる原因としては、

梅雨時期の外の空気だけに限らず、
日頃から部屋の湿気が多い状態だったりとかなど理由は様々です。

理由はどうあれ、カビが発生してしまった場合、
畳すべてを取り替えるわけにもいきません。

ですから、なんとかして畳のカビを掃除したいものです。

今回は畳のカビの掃除方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

◆カビを発見して、やってしまいがちな事とは?

ところで。。。

畳にカビを発見した場合に、
ついついやってしまいがちな事ってなんだと思いますか?

多くの人が行っていまうことが「水拭き」なんです。

「水拭きでいいんじゃないの?」って普通思いますよね。

カビって汚れに見えますよね。
ですから濡れ雑巾っでさっと拭き取れば奇麗にとれそうなイメージが。。。

しかし、これはNGなんです。

というのもカビは湿気が大好きなのです。
水挽きして奇麗にするどころか、大好きな水を与えていることになるんです。

◆じゃぁどうすればいいのか?

まず畳のカビを掃除する前に揃えるべきアイテムがあります。

準備するものとしては、

・エタノール(消毒用アルコール)
・たわし
・霧吹き
・掃除機
・乾いた雑巾

これらは、ほぼ100均でそろえることが可能です。
(エタノールはドラッグストア)

掃除の方法ですけど、
まずはエタナールを薄めずに霧吹きに入れましょう。

そうしてカビの生えているところに吹き付けます。

次に使うべきアイテムはたわしです。

畳の目に逆らうことなくスプレーしたところをこすります。

すると。。。カビが浮いてきますから、そこを掃除機で吸い取りましょう。

さらにダメ押しでエタノールを畳に吹きかけてかわいた雑巾で乾拭きします。

以上が畳のカビの掃除の一連の動作となります。

まとめると、

①エタノールをかける
②たわしでこする
③掃除機で吸う
④エタノールを吹き付けて乾拭きする

となります。

この動作を繰り返し行います。

最後の仕上げとしては、
部屋を締め、エアコンなどでドライ運転をして空気を乾かしましょう。

スポンサードリンク

◆予防をすればカビは生えにくくなります

カビの掃除の方法を述べましたが、事前に予防するのも効果的です。
その予防方法としては、

・換気する
・除湿を行う
・部屋干しをしない
・掃除をする

カビの生える湿度とは70%以上です。
梅雨時は当然ですがまど締め切りますよね。

そうなると風が通らずに空気が滞留します。

その結果、湿気を含んだ空気が下がってきて、
床に近くは部屋の実際の湿度よりも高くなります。

ですから天気の良い日に換気を行うと、
部屋の空気が動くことで湿度が均一になります。

もしくは扇風機を使用しましょう。

天気が悪い日は、

梅雨時に窓を開けても外の空気は、すでに湿度が高いですから、
除湿機やエアコンなどで70%以下の湿度を保ちましょう。

また、部屋の湿度を上げてしまう原因のひとつとして
「部屋干し」があります。

部屋干しはなるべく控えましょう。

するならば、エアコンや除湿機を使いましょう。

カビの原因として湿気がありますけど、

これはホコリが積もることで、
そこに湿気がたまりカビが繁殖する原因になります。

ですからマメに掃除機をかけましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 , ,