気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

車の運転のコツについて、バッグ駐車ってどうすれば上手くなるの?

   

車の運転て特に初心者である場合、
車を思うように操作することが難しいですよね。

自分の体よりも大きい範囲で動くことになりますから、
感覚もいまいちピンときません。

思ったように思ったところへ車を移動させるのはとても困難に感じます。

特に車の運転に慣れていないという方は、
バック駐車が苦手で自信がないという方が多いです。

前向きに動かすのでさへ感覚がいまいちつかめないのに対して、
後ろ向きになるわけですからね。

そこで車の運転のコツについて、
バッグ駐車ってどうすれば上手くなるのでしょう?

スポンサードリンク

◆バッグ駐車ってどうすれば上手くなるのでしょう?

まず上手くバック駐車できない人に共通するポイントがあります。

そのポイントとは具体的にどういうことなのか?

・一つは慣れない動きを同時に行うこと
・バック駐車における目印を知る

この2つが特に大きく関係しています。

まず車をバックで停める時の一つ目のコツとしては、
ハンドルとバックという動作を同時にしないということです。

意外と多い事なのですがハンドルとバックという動作を、
同時にしてしまっているという方は上手に停めることが難しいのです。

ですから別々に行うことを意識してみましょう。

・ハンドルとバックを別々に行うとはどういうことなのか?

これはマニュアル車でなくオートマチックの車に関してですが、

オートマチック車ですとブレーキを緩めることで、
ゆっくりと車が下がっていきます。

そのために、アクセルを使用せずに、
いつでも車を止められるように右足をブレーキの上にのせておきます。

そうすることでハンドル操作にのみ集中することができます。

バックする際において、
ハンドルをどっちに回してよいかわからなくなるということもあります。

これも初心者にはありがちな事です。

しかしアクセルを使うことなくゆっくりと車を動かしていれば、
ハンドルを回す方向を間違えてもすぐに修正ができます。

慣れてくると無意識でもわかるようになっていきます。

スポンサードリンク

◆バック駐車における目印を知る

バック駐車における目印として「ピボットエリア」に注目していきます。

ピボットエリアとは?

駐車場のスペースの地面にある白線の角にあるピボットエリア。

そのピボットエリアの角に後ろのタイヤを合わせて
ハンドルを切ると上手にバックして停めることができます。

いままでピボットエリアを見ていなかったという方は、
こちらも目印にしてバックを実践してみるのも良いでしょう。

また、バック駐車を行う際に使うものとしてはサイドミラーとなります。

サイドミラーには後ろのタイヤが映し出されますが、
後ろのタイヤの位置を確認しながらバックを行うようにしていきます。

サイドミラーにはタイヤだけでなく、ピボットエリアも映し出されるため、
そちらもサイドミラーだけで確認することが可能です。

サイドミラーに後ろのタイヤが映し出されていないという方は、
運転に支障がない角度に調整をしておくようにしましょう。

◆最後に

バックが苦手だから前から入れて停めてはダメなのか?

決してダメではありません。
しかし、バック駐車の方が車を駐車スペースに入れやすいのです。

また駐車スペースから出る時にはバックで出るほうが大変なのです。
それは安全確認がしにくいからです。

そのため駐車は基本的にバック駐車がオススメなのです。

苦手でも停める時にはバックで入れるようにしましょう。

何度もバックを行う内に自然と慣れてくるものとなるので、
広い駐車場が近くにあるという場合は
そちらで練習をするというのも良いかと思います。

スポンサードリンク

 - その他 , ,