気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

雨の日に頭痛いのって原因はどうしてなのだろう?

   

雨は誰にとっても憂鬱なものです。

それは洗濯できない、しても乾かない、服や体が濡れるなどといった、
うんざりすることばかりとは限りません。

ときには頭痛を呼び起こすことがあり、
人によっては深刻な問題となったりするケースがあるんです。

こうした現象は、以前は迷信のように考えられていました。
ですが、現在では確たる原因があることが判明しています。

そこで。。。雨の日に頭痛いのって原因はどうしてなのでしょう?

スポンサードリンク

◆雨の日に頭痛いのって原因は?

通常では高気圧であれば晴れ、低気圧でしたら曇った天気や雨となります。
ですから雨が降っているときは気圧が下がっているものです。

そして、この低気圧こそが、頭痛を引き起こしている原因なのです。

・なぜ低気圧が頭痛の原因なの?

気圧とは押す力のことです。
雨と共に気圧が低下すると、体にかかる圧力が緩みます。

つまり、体を押す力が弱くなります。

この状態というのは図で示すとこうなります。

ですから低気圧になると血管が緩んでいき、膨張していくことになります。

中でも脳の血管が膨らむと、
複雑に入り組んだ周囲の神経にも触れてしまいます。

これが頭痛の引き金となり、脈打つような痛みをもたらしてしまうのです。

他の原因としては、気圧と同時に、血圧も下がってしまうことがあげられます。

それは血行不良の間接的な原因となり、
血の巡りが悪くなった体は緊張した状態になり、強張るものです。

同時に交感神経も乱れていきますから、変調をきたしやすくなります。

このように、雨が与える影響は決して軽視できません。

長く続いてしまうと、
それだけ頭痛のリスクも高まってしまうため、注意が必要です。

スポンサードリンク

◆ではどう対処していけばいいのだろう?

人間の力では、原因を根こそぎ排除するようなことはできないので、
対処療法的な行動が求められます。

まず、鎮痛剤は早めに飲んでおいたほうが、症状の緩和がスムーズです。

雨が降ることを察知できたのであれば、迅速な行動を心がけていきましょう。

また、最近ではスマートフォン向けの頭痛対策のアプリも存在します。
気圧の低下を予測して、注意を呼びかけてくれますので、たいへん便利です。

たとえばこんなのがあります。

App Store>>>

Google Play>>>

こうした日頃からの準備が、いざというときに役立ってくれます。

同じ原因でも個人差がある以上、自分の体調を整えておくのも有効です。

とくに睡眠不足や暴飲暴食、過度なストレスを改善しなければ、
不調から逃れることはできません。

雨で頭痛が起きるときは、生活習慣の見直しから実施していきましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,