気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

皮膚が弱い女性のムダ毛処理で跡が残らない対処方法

   

106836

皮膚が弱い女性にとっては、ムダ毛処理一つ行うのも大変です。

なぜなら。。。
普通に剃ってしまうと皮膚を傷めたり跡が残ってしまうからです。

だから、

皮膚に負担がかからないよう注意しながら
確実に綺麗に処理していかなければなりませんが、

それはとても難しいことです。

そんなこと・・本当にできるのでしょうか?

スポンサードリンク

・刃の選び方とプレケアに注意する

皮膚が弱い女性が跡を残さずにムダ毛処理するには、
使用するカミソリとプレケアに注意しなければなりません。

例えば

カミソリを使うときは費用をケチらずに高品質のものを買うようにしてください。

下手に安物を買うと効率よく処理することができず、
皮膚に必要以上の負担を与えてしまう可能性があるからです。

また、

1枚刃のカミソリは
枚数が少ない分切れ味がよすぎて
ダメージを作りやすいので注意しなければなりません。

カミソリを選ぶなら、

多少値は張ってもちゃんと安全ガードがあるもの
そして替え刃ができるもの
ヘッドが動かせるもの

などを基準に選択してください。

プレケアについては、

剃る前に洗浄することを欠かさないようにしてください。

浴槽につかってから剃るのが一番ですが、

それができない場合でも、
シャワーなどを浴びて清潔にしてから剃るようにしましょう。

・シェービングクリームについて

剃るときはもちろんいきなり刃を当てるのではなく、
シェービング用のクリームを塗ってください。

シェービングは女性用を使うのがベストですが、なければ男性用でも構いません。

シェービングクリームを選ぶときは、
成分内容と自分の肌との相性をよく考えてください。

人に合うクリームでも自分には合わないことがありますし、
ある人に何もないクリームでも、自分が使うと刺激が強いということもあります。

このあたりを考慮して、

自分の肌に合うもの、
また刺激が弱くて敏感肌向けに作られたものを買うようにしてください。

間違っても、値段の安さだけで選んではなりません。

いずれにしても、

刃の滑りを良くして負担を減らしてくれるシェービングクリームの使用は必須です。

スポンサードリンク

・ムダ毛処理をカミソリ以外で行う場合

さて、その簡便さから脱毛剤や脱色剤を使う人もいますが、
皮膚の弱い女性はこうした薬剤を使用しないほうが無難でしょう。

なぜなら。。。

脱毛剤や脱色剤は効き目は抜群ですが、
皮膚へのダメージが大きくかぶれを起こす可能性があるからです。

皮膚にかぶれができると、

ムダ毛を処理しないよりも見た目がみすぼらしくなってしまうので注意してください。

・まとめ

肌が弱い場合のムダ毛処理で

もっとも気にすべきポイントは道具をケチらずに良いものを使う事です。

消耗品なだけに安くてもいいかなと思うのですけど、
化粧品も同じく安いだけで選びませんよね?

まずは肌にどれだけ良いか、どれだけマッチしているかがポイントになります。

それと同じ感覚でカミソリなどの道具も選びましょう。

スポンサードリンク

 - 美容とファッション