気になるお役立ち情報

Just another WordPress site

三回忌の服装なんですけど女性の場合どんな格好が良いのでしょう?

   

497424

三回忌とは、故人が亡くなって満2年の法要を言います。

・告別式の場合

親族の他、友人知人等多くの人が参列してくれます。

・亡くなって一年目の一周忌の場合

親族や親しかった友人、隣近所の人等、法要に招待する人も限られてきます。

・二年目に当たる三回忌

三回忌ともなると、さらに招待客の範囲を少しずつ狭くしていきます。
ですから親族やごく親しい友人等に限られてきます。

三回忌の法要のおおまかな流れについてなんですが、

仏式なら僧侶による読経の後焼香をし、
その後で故人の思い出など語りながら会食するのが一般的です。

通常、上記のような感じで三回忌においては、
参加する人も限られ、また、法要後は食事会があります。

そこで、服装なんですけど、女性の場合どんな格好がふさわしいのでしょう?

スポンサードリンク

◆女性の場合どんな格好が良いのでしょう?

・親族の場合

亡くなった後の法要は、
三回忌位までは施主やその配偶者は喪服を着るのが基本です。

女性の場合となると、
三回忌の服装は、親族なら正礼装の喪服又は準礼装が良いです。

洋装なら、夏でも肌をあまり見せないようなデザインがおすすめです。

たとえば。。。

ワンピースやアンサンブル、スーツの場合はインナーブラウスは黒です。

・親族でない場合

親族ではない場合には、濃いグレーや濃紺等ダークな色合いのもので良いです。

ただし、黒いストッキングを身につけて、
靴も黒、足先が見えるサンダル様の物は控えましょう。

また、殺生を想起させるので、革靴も避けた方がよいです。

スポンサードリンク

◆身に付けるものについて

・アクセサリー、バッグ

アクセサリーは結婚指輪、一連のパールは良いです。
しかし、光物は避けましょう。

バックは黒い布製等で光沢のないものが適しています。

・数珠

もちろん仏式ならば、自分の宗派の数珠を持ちます。

一般的に数珠は正式には宗派によって少し形等がちがいます。
各宗派それぞれに定まった形が存在しているのです。

しかし、女性の場合には、
どの宗派でも共通のものとして真言宗用のものが用いられます。

それが八宗兼用数珠と呼ばれているものです。
「八宗兼用数珠」につきましては、
いずれの宗派の人であっても使用することができる108玉の本式数珠になります。

ですから、これから結婚して家がかわる可能性がある未婚の女性は、
真言宗用のものを一つ用意しておくのも良いかもしれません。

◆和服の場合はどうなの?

和服で出席する場合には、

色彩は濃紺やダークな地味目で、
そして無地の三つ紋又は一つ紋の付いた着物がお薦めです。

黒地の帯を締め、帯揚げ、帯締め等黒で統一します。

地方によっては白い丸ぐけの帯締めというところもあります。

襟も白で白い足袋に黒い草履と黒いバックを持ちます。

着物の場合は結婚指輪以外、アクセサリーはつけません。
バックは洋装の場合と同様に布製の光沢のないものを持ちます。

ただし、法事の場合には地域や家の慣習によって異なることがあります。
ですから最終的には施主や親に相談して決めるのが賢明です。

スポンサードリンク

 - マナー ,